ゼブラガニを展示しました!

2019年11月 18日(月曜日) 筆者 もりたき

いつもお世話になっている菅島の漁師さん(幸進丸)からイイジマフクロウニをいただきました。

フクロウニは原始的な特徴をもつウニの仲間で、変形可能な革袋状の殻を持ちます。深海に生息する種類が多いですが、イイジマフクロウニはフクロウニ類としては珍しく比較的浅い海の岩礁に生息します。

よく見ると、イイジマフクロウニのトゲが一部、刈り取られたようになっています。これはきっとアイツがいるはず…

すぐに見つかりました。ゼブラガニです。

このカニはウニ(イイジマフクロウニやラッパウニなど)に共生してその棘や管足を刈り取って食べてしまうという、ウニに取っては甚だ迷惑なヤツですが…格好良いのです!

痺れますね、このフォルム。

おそらく擬態のためであろうゼブラ柄と体の突起が格好良すぎ。さっそく、イイジマフクロウニと一緒にへんな生きもの研究所で展示開始しました。

小型のカニですが、探してみて下さい。

【飼育研究部 森滝丈也】