こちらも脱皮しました!

2019年10月 16日(水曜日) 筆者 たかむら

ダイオウグソクムシが脱皮して、注目を集めている「へんな生きもの研究所」で、別の生きものが脱皮をしていました。

場所はこちら【アパート水槽】にいる生きものです。

もうちょっと寄ってみましょう。

岩みたいなお魚さん。【擬態(岩に化ける)が上手な魚】として紹介しています。

【オニダルマオコゼ】といいます!

こちらの画像はキレイに脱皮したあとのオニダルマオコゼ君。

気付いたらこうなってました。ちょっと前まではコケで汚れ?ていたんですけど…まぁキレイ!

え?魚が脱皮するの?と驚かれる方もいると思いますが、表皮がきれいになる(脱皮をする)魚はこのオニダルマオコゼだけでなく他にもけっこういるんです。

だたその脱皮方法は、エビやカニの脱皮のように全身ズボッと脱ぐ感じではなく、「膜が剥がれる」という表現が合っていると思います。

こちらが今回オニダルマオコゼが脱皮した皮です(ピントが合ってなくてすみません。)ま~バラバラですね苦笑

脱皮するタイミングを見たことがないのですが、全身キレイに脱皮しているところからすると、体を揺すって脱皮をしているのかもしれません。

一度見てみたいです。

【飼育研究部 高村】