ミーの帰館

2019年5月 20日(月曜日) 筆者 まえだ

早くも夏の気配が漂い始めましたが皆様いかがお過ごしでしょうか?

まえだです。

 

さて、5月17日の閉館後に約2か月滞在したセイウチのミーちゃんが大分のうみたまごへ帰る為、鳥羽を出発しました。

翌18日の朝、約16時間の長旅を終えて無事に到着したと連絡を受けました。

担当者一同ほっと一安心です。

これにて2月から3月に滞在していた「泉」とあわせて約3か月、今期のうみたまごとのセイウチのブリーディングローンが終了しました。

2月の私の飼育日記にも書きましたが、この取り組みは今後の国内セイウチの未来を切り開く上で非常に有意義な取り組みです。

うみたまごの職員さんたちとの交流も含め、私たち自身非常にいい経験をさせていただきました。

 

セイウチの妊娠期間は約15か月。

セイウチは「着床遅延」という特殊な発生方法を経て胎児が成長するため、妊娠しているか判断するまでかなり時間を有します。

皆様にいいニュースを報告できるよう、私たちも楽しみに待ちたいと思います。

【飼育研究部 まえだ】