ペリカンのおくすり事情。

2019年4月 17日(水曜日) 筆者 しんたに

季節の変わり目というのは体調を崩しがちなもの。水族館のいきものたちも私たち人間と同じように体調が悪くなることがあります。

実はコシベニペリカンのベニブラックが1月に体調を崩してしまい展示から外れて別の部屋で休んでいました。。

さてどうやって良くなってもらうのかというと・・・そう!ペリカンたちも薬を飲むのです!そのお薬は実は人間とおなじものが多いんです。

ですが、ペリカンの体重は人間大人の1/10ほど。

そこでこんなふうに割ってこの小さなかけらを使います。

そして「おくすりだよー。ちゃんと飲んでね!」という言葉がもちろん通じないペリカンのために餌のアジのエラの中↓↓

にこっそり隠して・・・さも普通の餌のように食べてもらうのです。

ベニブラックは今ではすっかり体調も良くなって展示にて元気に暮らしています。また会いに来てあげて下さいね。

【飼育研究部 しんたに】