水族館就職を目指す若者たちへ。

2019年4月 4日(木曜日) 筆者 ともちゃん

先日のこと。

 

セイウチふれ合いタイムで輪投げをしてくれた男の子(高校生)が、「楽しかったです!将来、僕も水族館で働きたくてこの4月から水産系の大学に進みます!」と話しかけてくれました。

凄く嬉しくて、頑張って欲しい気持ちと自分の経験を彼に伝えました。

僕も作業の途中、彼も彼女を待たせていたのでそんな深い話はできませんでした。

短い時間だったけど、彼の「水族館で働きたい!」という気持ちはとても感じたんです!

 

これから大学生活の中でいろんな資格や免許を取ったり、水族館に実習に行ったりして、さらに自分の夢を大きくしていってもらえるといいなと思います。

ただ、色んな経験をしても忘れないで欲しいのは「動物を愛すること」。

 

動物を愛する気持ち、そして動物たちの魅力を伝えること。これが一番大事だと思って僕はやってきました。

今でもその気持ちを持って間違ってなかったと思います。

免許や資格も大事だけど、それよりも大切なことを見つけてもらえたら嬉しいな。

 

1つの時代が終わり、新しい時代を迎えます。

4年後、彼と同じ舞台で働けることを夢見て、僕も頑張ります!

彼の夢が咲きますように…!!

 

 

【飼育研究部 ともちゃん】