色は変わります

2019年3月 26日(火曜日) 筆者 せこ

鳥羽水族館では青いザリガニ(ブルーマロン)と茶色のザリガニ(ブラウンマロン)を飼育展示しています。

この青いザリガニの前で、よくお客様から尋ねられることがあります。

「このザリガニも茹でたら赤くなるの・・・?」です。

確かに気になりますよね。

それでは実際に茹でてみましょう。

 

生きているザリガニを茹でるわけにはいかないので、脱皮殻(ハサミ)をつかいます。

(茹でる前は青色です)

では、茹でてみます。

 

 

 

はい、ちゃんと赤くなります。

 

これは、殻の中にある”アスタキサンチン”という赤・橙色の色素がタンパク質と繋がっており、その状態では違う色をしています。

しかし一度茹でるとタンパク質と離れて、元のアスタキサンチンの色が出てきます。

ですからブルーマロンもブラウンマロンも茹でると赤くなります。

 

【飼育研究部 せこ】