2号室のチュウコシオリエビの仲間

2019年2月 22日(金曜日) 筆者 もりたき

今更ですが…

へんな生きもの研究所にあるアパート水槽は幅40㎝の水槽が全部で30基並んでいます。冷水系(10℃)、温水系(18℃)、暖水系(25℃)がそれぞれ上下5基の10基ずつ。

これまで飼育日記では個々の水槽を展示生物の名前で「○○水槽」と呼んでいましたが、わかりやすいようにここでは部屋番号で表記することにします(アパート水槽ですしね)

冷水系は、左上の1号室から右下段の10号室まで。続く温水系は11号室~、暖水系は21号室~となります。

今回紹介するのは、2号室にいるチュウコシオリエビの仲間(種類不明)。2号室は鏡餅ウニ(仮称)の部屋ですが、そこに居候している格好です。

このチュウコシオリエビの仲間は2/3の底引き網で水深300mあたりで採集しました。種類がわからないので調査中です。

最近、2号室の右隅に置いた沈木に定住するようになったので、すぐに見つかると思いますよ。甲長7㎜ほどと小型(幼若個体かも)なので、ハエトリグモぐらいのサイズ感ですね(笑)

なかなかカワイイやつです。

アパート水槽全景

【飼育研究部 森滝丈也】