今年もコブシメの赤ちゃんが産まれました!

2019年2月 23日(土曜日) 筆者 つぼんぬ

パラオオウムガイに続けとばかりにコブシメもベビーラッシュです。

コブシメの産卵が昨年の12月3日から始まり、約200個の卵を回収しました。

中が透けている卵はもういつ産まれてもおかしくありませんが、白い卵の方は未受精もしくは発生が止まってしまった卵です。

コブシメの卵は、最初は白くて中身が見えませんが、発生が進むにつれてだんだんと透明になり、赤ちゃんの様子が分かるようになります。

下の卵に穴が開いているのが分かりますか?コブシメの赤ちゃんが卵を破って出てきた穴です。

夜から朝にかけて孵化することが多いので、毎朝水槽をのぞいて穴の開いた卵を見つけると嬉しくなります。

今年の1月20日から孵化が始まりました。孵化日が約1ヵ月違うとだいぶ体の大きさに差があります。

よく餌を食べすくすくと育っています。

【飼育研究部 つぼんぬ】