パラオオウムガイB11が孵化しましたが

2019年2月 11日(月曜日) 筆者 もりたき

つい先日、パラオオウムガイB10 の孵化をお伝えしたばかりですが、今朝、11個体目となるB11の誕生を確認しました!(おそらく孵化は昨晩)

パラオオウムガイのベビーラッシュはもうしばらく続きます(笑)これで現在の飼育数は9匹になりました。

ここから孵化しました

実は、このタイミングでこの個体の孵化は想定外でした。

と言うのも、最近、この胚の成長スピードが遅くなってきたので、孵化はもう少し後になるかも(あるいは既に卵の中で死んでいるかも)と思っていたのです。

それが、元気に孵化したのです!

でも、やはり早く産まれてしまったようで、大きな卵黄嚢が残っています(本来は全て吸収してから孵化する)

同じように卵黄嚢が残ったまま孵化したB1とB4は共に孵化後の状態が芳しくなく、途中で死亡しています(しかも、今回のB11の卵黄嚢がいちばん大きい…)

今、B11はとても元気で動きまわっていますが、今後の成長が気になります。

【飼育研究部 森滝丈也】