再生能力

2019年1月 22日(火曜日) 筆者 せこ

 

このザリガニを見て、なにか違和感はないですか?

「ピントがずれている・・・」という方、そこは許して下さい。

「青い」それも違います。こういう種類です。

答えは右のツメです。

5本の指が開いたパーにみえませんか、チョキとパーを持つザリガニです。

元々は、普通のザリガニでしたが、脱皮をしたらいきなりパーになりました。

ザリガニはハサミや脚がとれても何回か脱皮すると再生することがよくあります。

そのためケンカなどで傷ついた箇所が脱皮の時に再生する際、変形したり少し枝分かれすることは、まれにありますが、ここまでの変形は初めて見ました。

このザリガニの右ツメは、次の脱皮でどんな形になるのか楽しみでしたが、脱皮の失敗でツメの根元から脱落してしまい片ツメのザリガニになってしまいました。

しかし数ヶ月がすぎ、先日脱皮をしました。

右ツメは??

 

少し小さいが普通のハサミができていました。

次はどんな形ができるのか期待をしていたので、少し残念な気持ちと、元に戻ってきて良かったという安堵のきもちが入り交じっています。

おそらく、あと2~3回の脱皮で元通りになると思います。

 

この再生能力は、何度見ても凄いです!!

【飼育研究部 せこ】