謎です

2018年12月 14日(金曜日) 筆者 たかむら

今回は【へんな生きもの研究所】で飼育展示している「アミメノコギリガザミ」のお話です。

このアミメノコギリガザミは、以前の飼育日記で紹介しましたが(2018年1月5日)、かなり大きなカニさんです。

当館にやって来たのは2017年8月27日のことでした。

↓↓ こちらは、最近のアミメノコギリガザミの様子です。

以前のような凶暴さは見当たらず、水槽になじんでくれています。

(とはいっても、水槽掃除の時などは、ハサミ脚を振り上げてますが…苦笑)

さて、ある日の朝の事です。

いつものように見回りをしていると…アミメノコギリガザミが!

え?

え?え?

え~~?なにしてんの??

タカアシガニでは、こういう格好をすると排泄(うんち)をすることがあるのですが、今回のケースはどうも違うようです。

コンタクト落としたの?

前転の練習?おはようのあいさつ?それとも土下座?

なんだ?なんだ?と観察をしていると、徐々に体勢が通常?にもどってきました。

水流に煽られたわけでもなさそうです…

う~む。。一体なんだったのでしょうか?正解はわかりません。謎の行動です。

何か意味はあると思うのですがねぇ。なんだろう?

ひとまずここに記録しておきます。

【飼育研究部 たかむら】