予想以上に長かった(驚)

2018年11月 10日(土曜日) 筆者 もりたき

ウミウシの話題が続きます。

今日もウミウシにカイメンを与えたのですが、かなり驚く光景を目撃しました!前回、リスベキア プルケアが紫色の吻?を丸く広げてカイメンに食らいついていた…と書き込みましたが、真実はあんなカワイイものじゃなかったです。えぇ、正直驚きました。

見て下さい!紫色の吻はこんなにも伸びるんですよ。

まるでゾウの鼻…。初めて見ました…。こんな生態、知られているのでしょうか。

右後ろの個体もかなり伸ばしています。

普段は紫色の部分はからだの中にしまい込まれて見ることができないので貴重なシーンです。

いやぁ、貴重なモノを見たわ。普段の姿 ↓

今後もウミウシ類の長期展示を実現するために餌情報のデータを蓄積していきます。

【飼育研究部 森滝丈也】