何か視線を感じる。

2018年10月 24日(水曜日) 筆者 いそぴー

ここ数日、急に寒くなりましたね。朝起きるのが少し辛くなってきた、いそぴーです(._.)

さて、伊勢志摩の海コーナーのスロープを上がってすぐの水槽に、イットウダイやマツカサウオが展示されている水槽があります。この水槽を上から覗くと、このような構造になっています。

左側の赤枠の中は、水槽の水が抜けるオーバーフローが隠されているのですがここを棲家としている魚がいます。いつも、暗闇から静かにこちらをこっそり見てくる。

何か視線を感じるな~と覗いてみると、やっぱり!こちらをガン見していました(笑)

じーーーーっ。

正体は、「エビスダイ」という魚です。

綺麗な赤色をしているので、ぜひお客様に見える位置にいってもらいたいものなのですが...

だいたい暗闇に隠れて水槽横を通るスタッフを見ている事が多いやつです。(笑)

なかなか姿を現しませんが、気になる方はぜひ探してみて下さいね。

 

【飼育研究部 磯原玖美】