ハイギョの復活

2018年10月 4日(木曜日) 筆者 ニッシー

皆さんは夏に行っていた「これウソ・ホント!? もっとへんな生きもの夏スペシャル」を覚えていますでしょうか?

へんな生きもの研究所内の一画に夏休み限定で さらにへんな生きものを数種類展示していました。

その中の一つに、こんな生きものがいました。

前にも紹介しました。ハイギョの繭(マユ)です。

こんな風に見えて実はちゃんと生きていて、呼吸もしています。

イベントが終わり、やっと繭から戻してあげられる日がやってきました!

繭からの復活を今か今かと待ち続けていました。

…しかし。

ま、まったく復活せえへん…

水に浸けて数時間で繭を破って動き出すハズなのに。

心配になり水を少しかけると「グエッ!」と鳴き声をあげました。どうやら生きてはいるようです。

魚なのに鳴き声を出すなんて、本当にへんな生きものだなと思いましたね。

4日間この状態が続き、不安がピークに達した頃に「手で繭を剥がしてみては?」という意見が挙がりました。

恐る恐る繭を掴むと・・・

ベロンッ!と勢いよく繭がはがれました。

すると中から綺麗な状態のハイギョの姿が!

どうやら、繭が乾燥し過ぎて自力では破れなかったみたいです。

ヒヤヒヤしましたが、一安心です。

ちなみにこれが剥がれた繭です。

以外と硬く、無臭でした。

【飼育研究部 ニッシー】