よだれかけとハゼ

2018年8月 6日(月曜日) 筆者 やまおか

暑い夏が続いておりますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

鳥羽水族館では現在「もっとへんないきもの夏スペシャル」がヒレアシ祭りと同時開催されています。

そこには僕の中のキュート魚ランキング上位に位置する魚を展示しています。

 

その名も・・・ヨダレカケ

名前からしてもうカワイイ魚ですね。

ヨダレカケは名前の由来でもある口の下側にある赤ちゃんの「よだれかけ」のような吸盤で貼り付いて、基本的に水中から出てきて生活しています。

陸場に張り付いてこっちを見つめてくる姿がとってもキュート。

 

そういった主に陸場で生活するという生態は「ミナミトビハゼ」などのハゼと似ています。

ですがヨダレカケはハゼの仲間ではありません!

ハゼの仲間は腹びれが吸盤になっていますが、前述のとおりヨダレカケは口の下側が吸盤になっているという点で異なっています。ヨダレカケよ、なぜ口で張り付こうと思ったのか・・・

 

ちなみに「もっとへんないきもの夏スペシャル」にいるハゼはコイツ!!

Name is ワラスボ。

どう見てもエイリアンですが、こんな姿でも腹びれが吸盤になっているハゼの仲間です。

実は美味しいらしい・・・

 

他にも色々なへんないきものが夏限定で展示中です!

水槽の上には手書きのおもしろい解説版もあるのでもうこれは見に来るしかないですね!!!

【飼育研究部 やまおか】