トレーニングのススメ!その⑫

2018年7月 30日(月曜日) 筆者 ともちゃん

 

皆さんこんにちは、ともちゃんです。

 

お久しぶりの「トレーニングのススメ!」です。

サボっていたわけじゃないですよ!苦笑

 

強化子とは動物の喜ぶことなら何でもいいと書きました。エサやおもちゃをあげたりすることは全て動物の「刺激」になります。

もちろんトレーニングも刺激です。その刺激が多ければ多いほど動物の暮らしが豊かになるんじゃないか?と聞いたことがあります。確かにそのような気がします。

 

自然界で動物は、天敵から逃げたり、食べ物が見つからなかったり、良いペアに巡り会えたりと数え切れないほどの刺激を毎日受けて生きていますよね。その全てを動物園や水族館で再現することはほぼ不可能です。そもそも自然と人工物はかけ離れています。動物園には動物園、水族館には水族館の刺激の与え方があります。それも色々。人間が関わっているだけでも刺激です。

 

刺激をたくさん用意することで生活の質が変わったり、トレーニングの幅も広がります。色んなおもちゃを用意してみたり、色んな種類のエサを与えてみたり、個体の入れ替えやオスメスの同居、あげたらキリがありません。

 

もちろん動物に無理をさせないのは当たり前。色々試して動物たちの反応を見るのも楽しいですよ!

ただ…刺激には良いモノと悪いモノがあるのも忘れずに。

 

つづく

 

【飼育研究部 ともちゃん】