トレーニングのススメ!その②

2018年1月 21日(日曜日) 筆者 ともちゃん

 

前回のトレーニングのススメ!で、「動物と接するときは楽しく」が大事になってくると書きました。

 

トレーナーと言いますが、普通の人間です。トレーナーだからと言って動物のことが理解できるか?というとそうではなく、トレーニングをしたからといって理解できるようになるわけでもありません。

ですが毎日毎日小さいことでも動物たちと接することで、100%は無理でもできるだけ高い数字に持っていくことは可能です。そのためには動物の「観察」というものが重要です。

 

例えば毎日の泳ぎ方であったり、便の状態、食欲があるかないか、ショーの時の動きなど動物種によっても様々です。「昨日はこうだったから、今日もこうなるだろう」という決めつけはよくありません。

動物たちは毎日毎日何らかの変化があり、季節や天候、成長によっても変わってきます。なるべく多くの選択肢を作り、日々違う動物たちの状態に対応していく必要があるんです。

 

動物の観察は、トレーニングを始める前の第1歩。準備運動です!

準備運動を怠るとケガの元。動物と接する前に、どんな動物か?(大きさ、生息地、何を食べているかetc)を知っておく必要があります。

 

つづく

 

【飼育研究部 ともちゃん】