十年

2017年3月 24日(金曜日) 筆者 ろん

このアシカ君、覚えている読者さんもいらっしゃるでしょうか?

カリフォルニアアシカのリック君。まだまだ小さい頃です。

お客さんからは見えないバックヤードで暮らしていたリック君ですが、

可愛い姿やショーデビューを目指す様子を知ってもらいたくて、飼育日記で紹介していました。

そして、リック君は2007年3月18日に無事にショーデビュー。

しかし、その後、私がアシカ担当から離れた為、日記に登場する機会がなかなかありませんでした。

それが先日、ショーデビュー10周年というお祝いの色紙を頂いたのです!

なんと嬉しい事でしょうか。

リックを覚えていてもらった、というだけでも嬉しかったのに、ショーデビューの日まで!

担当から離れても、以前担当した動物は特別可愛いものです。

当時からの担当者と「涙腺が・・・」と言いながら見せて貰いました(*^_^*)

最初は、今のリックの事は今の担当者の方がよくわかっているし、と現在の担当者に飼育日記を書いてもらおうと思いましたが、

ショーデビューの時に頂いたお手紙と今回の色紙を見ていたら、やっぱり自分で書きたくなりました。

という訳でほぼ十年ぶりのリック君の日記です。

時々海獣の王国やバックヤードで見ていましたが、ステージでのトレーニングを見るのは久しぶり!

現在は200㎏を越える立派なアシカになりました。

大きく育って欲しい、と願って「陸」から「リック」と名付けたのですが

その願いは叶いました。

大人のオスはおでこが盛り上がってくるのですが、リック君もちゃんとおでこが出てきてます!

おでこの毛を逆立てたモヒカン頭。

トレーナーのお兄さんが逆立ててくれました。

初めてこれを見せてもらった時、そんなにおでこが出てきたんだ!と嬉しくなりました。

 

久しぶりにトレーニングしている所をみたら、体は大きくなったけど

昔から変わらないリックらしい動きや、フリスビーをくわえてひっくり返す所なんかも

懐かしくて胸がいっぱいになりました。

逆に、今の担当者は昔の写真を見て、小さくて可愛いリックにびっくり(笑)

でも、よく見るとやっぱり「リックだ!」ってなるんですよね。

だって、こんな小さな背中が現在は

これです。

顔の位置が違いすぎる!

でも、大きくなってもやっぱり、のほほん顔。

現在は海獣の王国で暮らしていて、ショーに出ていませんが、ステージでトレーニングをしています。

ショーに復帰する時が来たら、お知らせしたいと思います。

それでは、また会いに来てくださいね。さようなら~!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リックとのトレーニングで得た事、リックに教えて貰った事は

今の担当動物に活かされています。

ありがとね、リック。