ジンゴロウヤドカリのヤドカリノハラヤドリ

2016年6月 21日(火曜日) 筆者 もりたき

先日の飼育日記で紹介した岩穴暮らしのジンゴロウヤドカリですが…

今朝見ると貝殻に移動して死んでいました。

えぇ?何故にあえて引っ越ししてから死ぬ?

よくわかりません。

ただ、大事にしていたはずの岩についていたイソギンチャクは無くなっていました。

さては他のヤドカリに奪われたか?

イソギンチャクが無くなった岩ならそこにいる意味はないと引っ越ししたのか、あるいはイソギンチャクと一緒に貝殻に引っ越したあとにイソギンチャクだけ奪われてしまったか…

いずれにしても死んだ理由はわかりませんけど。

 

そして、処分しようとヤドカリを手に取ったときに面白いものに気が付きました。

腹にヤドリムシらしきものが寄生しているではないですか!ヤドカリノハラヤドリの仲間のようです。

エビヤドリムシの仲間は主にエビの鰓室に寄生しますが、これはヤドカリの腹部に寄生しています。

いつものように種類は不明なので、ぼちぼちと調べていきます。

 

ヤドカリノハラヤドリは大きな方がメス(こちらに腹を向けています)

その腹部には小さなオスが付いています。

オスを拡大して観察すると…

おぉ、小さな目がかわいらしいではないですかっ!

こんな風にメスにくっついて生活するオスに少し憧れます(笑)

 

寄生性のため姿はかなり変形していますが、ヤドカリノハラヤドリはオオグソクムシやダイオウグソクムシと同じ等脚類です。

【飼育研究部 森滝丈也】