コブ付きのシダムシ…

2016年6月 18日(土曜日) 筆者 もりたき

ちょこちょこお伝えしているシダムシです。

これは熊野灘の沖合底引き網で採集したウデナガゴカクヒトデに寄生していたもので、このヒトデからは2例目(今のところ計3個体採集しています)

赤く見える部分がシダムシです。

シダムシはヒトデに寄生する甲殻類。このシダのような姿をしているのはメスです。

(オスは松葉のような形で、メスの体の中に隠れています)

さて、このシダムシは卵を持った成熟個体だったのですが、気になるものが付着していました(矢印)

コブのような…何かが寄生しているようにも見えます…

これまでにこんなものが付着(寄生?)していることはなく、今回初めて気が付きました。

むぅ、気になります。

一般的に知られるシダムシのオスとは形態が違うように見えますが…

寄生生物に寄生する生物(重寄生)なら、面白いのですが。

現在、100%エタノールで保存中。

【飼育研究部 森滝丈也】