タカアシガニの脱皮!

2016年6月 9日(木曜日) 筆者 たかむら

「一肌脱ぐ」とは「本気になって他人のために力を貸すこと」という意味ですが、全身をホントに脱いじゃうのが【脱皮】です^^

館内では、ひそかに色々な生きものたちが「脱皮」をしています。

イセエビは、意外と日中に脱皮をすることが多いんですが、その方が敵に襲われないためからではないかと思われます。

で、さらに大きな体のタカアシガニも運が良ければ、生脱皮?の様子をご覧いただけることがあります。

先日私が見かけたタカアシガニ♀さんは、すでに無事脱皮を終えていました。

画像、奥の個体がそうです。

前にいる個体に比べると体色がやや明るいですね。

脱皮したてのタカアシガニの体は、グニャグニャと柔らかいので、体が固くなるまではジッとしています。

その時移動しようものなら、生まれたての子鹿のような動きになるわけです。

こちらは脱皮殻。

甲羅の中には、エラも見えます。

いつもながら感心するんですが、脱皮って体の中にもう一つ体を作り出す作業なワケですよね?

脱皮は失敗することだってあります。まさに命がけ。

すごいなぁと…

あらためてそういう眼で脱皮を終えたタカアシガニを見てみると…

「やったぜ!」って、誇らしげに見えるのは私のひいき目でしょうか?

 

Tags: