腕に鉤を持つイカ

2016年6月 2日(木曜日) 筆者 もりたき

先日の沖合底引き網で見慣れないイカを1匹採集しました(紀伊長島沖 水深300m)

外套長が50mmほどの小さなイカですが、幼体なのか既に成体なのか…

興味深いのは、このイカは腕に吸盤だけではなく鉤(カギ)を持つこと。

全ての腕に2列に鉤が並んでいるようです。

これはテカギイカ科の特徴であるようですが、いくつか合致しない点もあるような…

こちらは触腕

もう少し詳しく調べてみなければいけません。

初めて見かけたイカですが、なかなか興味深い。

深海にはまだまだこんな見慣れない生物がいますね。

ちなみに学術的には生物は頭が上・体を下に配置するのが正しいので、頭足類(イカ・タコ類)の場合、この画像の向きが正しいことになります。

追記:その後正体が判明しました。どうやらホタルイカモドキ(ホタルイカモドキ科)のようです。

【飼育研究部 森滝丈也】