おいない!伊勢志摩の海展 紹介その④

2016年5月 3日(火曜日) 筆者 つじ

釣りバカ飼育員つじです。

おいない!伊勢志摩の海展その④です。

さて、最後に紹介するのは、

アラメ、メバル水槽です。

まずはアラメ

コンブやワカメと同じ仲間の海藻なのですが、こちらもアカモクと同じく飼育難易度高でした。

水槽投入後、飼育水がみるみる褐色になっていき、

何かと思うと、傷がついた箇所から色素がにじみ出ていました。

こちらは水温コントロールと換水でなんとかクリア。

続きまして、メバル。

鳥羽湾には3種のメバルがいます。

シロメバル

クロメバル(釣った直後は背中側に鮮やに青みがかります)

アカメバル

このように3種の画像を立て続けに並べると、違う魚なんだなーと一目瞭然だと思います。

この3種に分かれたのは2008年と実は最近なのです。

もちろん習性や生息環境も異なってくるわけで、、、

と、こちらの飼育日誌でも数年前に書いた覚えがありますw

詳しくはこちらをご覧下さい。https://diary.aquarium.co.jp/archives/1574https://diary.aquarium.co.jp/archives/1574

で、

今回の展示用のメバルは、

私がスカウトしてきたわけであります。

3月の初旬だったでしょうか、いつものように閉館後、私の得意なルアーで釣り採集をしていると、

次長さんや係長さんが、なんで釣れるんや??っと。

なんでっていわれても。。。っと戸惑ったのですが、

ふと考えてみると、なぜ釣れるのか?というのはちょっと解説してみるのは面白いかも知れない。

というわけで、次回はなぜメバルは釣れるのか?

です。

それでは。