誰でもわかる水槽のしくみ その⑤

2016年2月 18日(木曜日) 筆者 つじ

さて、今まで水槽のしくみですが、

紹介してきたものは全て、「重力式ろ過槽」とよばれるものです。

こちらはろ過槽の様子です。シャワーみたいになっているところが、水槽から戻ってきた水です。

底には砂が約60cmほど敷いてあって、水がこれを通過することでキレイになるのです。

(キレイになるしくみは難しくなるので今回はスルー)

この砂を水が通過する力は、紛れもなく地球の引っぱる力、重力です。よって「重力式ろ過槽」と呼びます。

さて、ここからは新しいシステムの解説。この重力式の他にもう一つの代表的なろ過システム。

なんやらイカツいですね。。名を「圧力式ろ過槽」と言います。

ではまた解説図

オレンジ色で表しているのがろ過槽です。この圧力式ろ過槽にも中には砂が入っています。

水槽から落ちてきた水をポンプでろ過槽に押し込みます。

密閉されたろ過槽の中では、ポンプから送り込まれた分の圧力が高まり、水は砂を通過します。

そしてきれいになった水は、水槽へと運ばれていきます。

重力式との違いお気づきでしょうか?順番が違うんですよ。これがキーポイント。

重力式:水槽→ろ過槽→ポンプ→水槽

圧力式:水槽→ポンプ→ろ過槽→水槽

違いがわかったところで今日はおしまい。

今回の内容は本当にテストに出る話ですよw