鏡餅ウニ再び

2015年12月 24日(木曜日) 筆者 もりたき

まずは…

メリー グソク マス!

さて。

先週採集したヤドリニナに寄生された深海ウニPrionechinus forbesianus

へんな生きもの研究所で展示していましたが、本日死亡を確認。

どことなくクリスマスケーキみたいでしたが、残念です。

標本用に固定しました。

ところで。

以前、飼育日記でも紹介しましたが、このウニは水槽の中で鏡餅のように重なる行動が観察されています。

全ての個体が重なるわけではないようですが、重なった個体同士のつながりは強く、強制的に離してもすぐに元の組み合わせに。

 

今は鏡餅状態のウニが全て死亡したので、謎の行動の解明は宙ぶらりんのまま…

 

昨日、このウニがまとまって10匹入館しました。

これだけの数が一度に入館する機会はあまりありません。

これはまた鏡餅ウニが見られるかも。

期待しつつ水槽に入れると…(水槽にはすでに6匹が入っています)

おぉ!すぐに鏡餅になる個体が現れました。

こちらの個体も重なりそう。

それにしてもなぜ重なるのか…

来年こそはこの行動の意味を解明したいと考えています。

【飼育研究部 森滝丈也】