イイジマオキヤドカリが入館しました

2015年12月 2日(水曜日) 筆者 もりたき

先日、ヒメセンジュエビと一緒に、熊野灘の沖合底引き網で採集されたイイジマオキヤドカリが入館しました(これも私が乗った船からではなく別ルートから入手)

さっそくへんな生きもの研究所で展示開始。

面白いのはこのヤドカリが背負うヤドカリスナギンチャク。

スナギンチャクはヤドカリが背負う巻貝の上に付着すると徐々に貝殻を溶かしながら成長していくそうで、最終的にはヤドカリは直接スナギンチャクだけを覆う形になるのです。

スナギンチャクは群体性なので、根元は共肉でつながっています。

共肉から何本ものポリプが林立する姿は、ヤドカリとのコラボでなかなかの「へんな生きもの」ぷり。

へんな生きもの研究所はユニークな生物紹介文が好評ですが、このスナギンチャクを背負ったイイジマオキヤドカリは「まるでキングギドラかヤマタノオロチ…」と紹介しています(笑)

【飼育研究部 森滝丈也】