ふと思うこと。

2015年9月 27日(日曜日) 筆者 おーきた

いよいよ9月も終わりに近づいてきました。

どーも!おーきたです!

 

水槽の生き物を眺めていると、ふと思うことがあります。

 

カワハギを見ているときでした。

カワハギ、カワハギ・・・カワ、ハギ。

 

・・・!

 

ナンヨウハギ・・・ナンヨウ、ハギ。

 

・・・!

 

アミメハギ・・・アミメ、ハギ。

 

・・・!

 

キイロハギ・・・キイロ、ハギ。

 

・・・!

 

フクラハギ・・・フクラ、ハギ。

いやちがう!これは「ふくらはぎや!」

 

 

靴下ちょっと破れてるところとか生々しくてすみません(笑)

 

 

カワハギの名前の由来は「皮を剥いで料理する魚」というところから名付いているんですね。

他のカワハギ科、ニザダイ科の仲間もなんとなく名前の由来がわかります。

 

アミメ模様なんだなぁ。とか、南洋の暖かいところにいるんだなぁ。とか、

黄色なんだなぁ。←(単純すぎw)とか。

 

とにかく種類が多い海水生物。名前を覚えるのも、まだまだ時間がかかりそうですが、名前の意味を調べると

案外楽しいですよ!

 

ちなみに、ふくらはぎの由来は、昔「すね」の部分を「はぎ」と呼んでいたことから、「ふっくらした、はぎ(すね)」なんですって。

 

自分は足細いので、ふっくらしてないかもしれません・・・これじゃあただの「はぎ」やん!(笑)

 

と、ふと思いましたとさ。