コシマガリモエビが脱皮

2015年9月 18日(金曜日) 筆者 もりたき

朝の見回り。

へんな生きもの研究所のアマモ水槽をのぞいていて、少し様子のおかしいコシマガリモエビが目に留まりました。

体の表面がふやけたような…と思う間もなく、いきなり脱皮!

おぉ!慌ててカメラを構えるも、一瞬出遅れてしまいました。

すでに殻から半分出ています。

いやぁ~気持ちの良い脱ぎっぷりだわ。

脱皮前にしっかりアマモをつかんでいたのが印象的。脱皮しやすい工夫でしょうね。

脱皮しても殻はアマモをつかんだままで、脱いだ本人は下へ移動…

すると、次の瞬間、いきなり上から別のコシマガリモエビがアマモを伝って急降下!

脱皮殻に接近すると食べ始めました。

脱皮殻は脱いだ本人が食べるものばかりと思っていましたが、今回は見事に強奪されてしまったかたちに。

朝から面白いものを見ることができました。

【飼育研究部 森滝丈也】