ソバガラガニとキセワタガイ

2015年7月 12日(日曜日) 筆者 もりたき

へんな生きもの研究所に2種の新入生物を展示しました。

展示先はヒカリウミウシ水槽。

どちらも小さいのでよくわからないかも知れませんが…

 

こちらはソバガラガニ(白と黒)甲幅2㎝ほど。

極端に扁平な体。子どもの落書きみたいなフォルムです(笑)

「そば殻」と言えば…確かにそう見えますね。

でも、意外と眼光は鋭い…(写真に収めるのは難しいですが)

こちらは白個体

ダークな黒個体

もうひとつはキセワタガイの一種。広い意味でのウミウシの仲間です。

これまた鮮やかな体色です…三重県の浅海で採集されたものですが、どことなく韓国の民芸品みたいな色ですね、これは。

腹側も鮮やか!

種類は不明なので、これから調べます。

体長3㎝弱。

【飼育研究部 森滝丈也】