オウムガイのエボシガイ

2015年4月 10日(金曜日) 筆者 もりたき

オオベソオウムガイNautilus macromphalusの殻の中央にある臍孔(へそ)にあるものが付着しています。

それは「エボシガイの仲間」(矢印)
磯で見かけるフジツボに近縁な生きものです。
外見からは想像がつきませんが、エビ・カニと同じ甲殻類です。

殻の表面には全く付着していないのに、何故かへそにだけ集中しています。

へその周囲は乱流ができるので、プランクトン食のエボシガイにとって餌を捕るのに都合が良い場所なのかも知れません。

こんなエボシガイの付着を確認するのはオオベソオウムガイばかり。

殻にへそを持たないオウムガイNautilus pompiliusでは見たことがありません。

もしかしたらこのエボシガイはオオベソオウムガイだけに付着する種類かもしれません…

 

ところが、昨日入館したオウムガイにエボシガイが付着していたのです(矢印)

実は、よく見るとこの個体の殻は形成異常で右側面の中央にくぼみができているじゃないですか。

そこにエボシガイが付着していたのです。

違う種類のようにも見えるので、オオベソオウムガイのエボシガイと同種か調べてみます。

でも、こうなると、やはりエボシガイはオウムガイのへそを選択して付着しているように思えてきますね。

【飼育研究部 森滝丈也】