ウミシダ!

2015年2月 18日(水曜日) 筆者 たかむら

へんな生きもの研究所には、興味がないと素通りされてしまう生きものが多々います…

その中の1種が今回紹介するウミシダの仲間【ニッポンウミシダ】です。

「シダ」とつく名前から、一見植物と間違えられそうですが、そうではありません。動物です。

ウニやヒトデと同じ仲間「棘皮動物」になります。

羽のように見える腕をうねうねと動かす姿は、見ていて飽きません。

さて今日、じっくりとその姿を観察していたら…

一本の腕の先端がポキンと折れていました。

ウミシダの腕ってマジックテープみたいになっていて、とってもくっつきやすいんですね。

手網であつかうと、網にくっついて自切(折れやすい?)するんです。

ダイビングされる方でしたら、ウエットスーツにウミシダがベタベタとくっついて困った経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか?

その腕が再生しているのを見つけました!

画像の左、腕の先端が再生しているのがわかりますか?

明らかに太さの違う腕がチョロリンと伸びています。

少しずつ伸びてくるのでしょうが、じっくり観察しないと見つけられませんね。

皆さんもぜひ水槽をのぞいてみてください

Tags: