足いっぱいのタコ

2015年2月 12日(木曜日) 筆者 たかむら

へんな生きもの研究所で、意外と人気なのが今回紹介する【多足ダコ】です。

ふつうのタコの足は8本ですが、ここで展示している(標本)タコは、もっといっぱいです。

56本!のタコさんです。

さらには~

85本のタコさんです!

体色からして年代を感じさせますね^^

85本足のタコさんは、1957年8月1日に採集されました。58年も前の話です。

当館が今年開館60周年を迎えるので、開館して間もないころ持ち込まれたものです。

昔の鳥羽水族館をご存知な方は、この多足ダコをみて「懐かしいなぁ」と思うかたもいらっしゃるでしょうね。

薄暗い館内の片隅に置かれていた標本

子供のころ修学旅行で見たなぁ…って記憶の方も多いようです。

一時、展示を休んでいたことがあるのですが、時おり「あの足いっぱいのタコの標本は展示していないのですか?」と問い合わせを受けたことがあります。

やはり記憶に残りますよね、このタコさんは。

どうしてこんなに足がいっぱいになっちゃったのかは、謎です。

でも…タコさん自身も動きづらかったでしょうね。

どこの足を動かしているのか分からなくなっちゃったりして…

最近は新しい多足ダコの情報が入ってこないので、そろそろ会いたいのですが…これも「めぐり合わせ」

気長に待つことにします。

まだ見たことがないよ~って方は、是非一度その目でご覧ください。

 

PS タコの足ですが…一般的には「足」と呼ばれますが、学術的には「腕」と呼ばれます。ややこしいですね^^

 

 

 

Tags: ,