ワンポイントでぐっと垢抜けるメイク術

2015年2月 7日(土曜日) 筆者 もりたき

前回の日記で予告したヨコヤホンヤドカリが入館しました!

まずは目元のアップから。

鮮やかなパープル!眼柄だけが鮮やかなパープル!

ほとんど光が差さないであろう深海でこの眼柄の配色はどんな意味があるのでしょうか?

他はそれ程目立つところがないこのヤドカリもぐんと垢抜けておしゃれ感アップ!

よく見るとグリーンがかった眼も魅力的。

このヨコヤホンヤドカリと一緒にアワツブホンヤドカリも入館しました。アワツブホンヤドカリはすぐに歩き回っていたのに対して、ヨコヤホンヤドカリは水槽に入れてもなかなか貝殻から出てこない…

がさつな(大胆な?)アワツブに比べると、このヤドカリは温和(少し神経質)な性質なのでしょうか。

一旦姿を見せると落ち着いていましたが…こんな風に写真を撮っても平気。

ところで。

このヨコヤホンヤドカリの貝殻の先端に面白いものが…

有柄フジツボ類(エボシガイ類)の一種、ダルマハダカエボシです。

 

次回の日記はこのダルマハダカエボシを紹介します。