立派なメナガグソクムシの仲間が入館しました

2014年9月 19日(金曜日) 筆者 もりたき

深海底引き網で熊野灘で採集された立派なメナガグソクムシの仲間が入館したので、さっそく「へんな生きもの研究所」で展示しました。

おそらくAegiochus属だと思います(※Aega monophthalma Johnston, 1834でした。2015.9.5追記)

同属のグソクムシは過去に飼育日記でも紹介したことがあります。

メナガグソクムシが入館しましたhttps://diary.aquarium.co.jp/archives/11342

 

この属で日本国内で記録されているのは現在4種のようですが、今回の種類は…きちんと調べてみます。

 

この仲間としては、かなりサイズが大きく…迫力あります。6㎝はありますね。

そして複眼がデカい!!

デカすぎる!!

裏から見るとこんな感じ…しびれます!

経験上、長期間の飼育はできないと思われますので、ご覧になりたい方は 是非へんな生きもの研究所にお急ぎください!