ちりもん・ちりめん・ちりめんどん

2012年1月 16日(月曜日) 筆者 R中村

何か飼育日記・つぶやきネタはないものかと

レストランをうろついてたら

厨房スタッフが『こんなん出てきましたよ』と。

私のカメラ技術と性能では

この接写が限界なのですが何かわかりますか?

右側のとんがったのがボールペンの先ですので

大きさがイメージできると思います。

飼育スタッフに聞けば『カニのゾエア幼生ですね』と。

つまりカニの赤ちゃん。

で、これが何から出てきたかというと

地元の港で水揚げされて届いた、

この中に混じってたようです。

ちりめんじゃこ。

ここで『ちりモン』という単語が浮かんだあなたは

結構なマニアかも。

ちりめんじゃこ漁をする際、

同時に多くの小さな生き物も網に入って漁獲されてきます。

甲殻類やタコ、魚の赤ちゃんなど多種多様。

それらを『ちりめんモンスター(ちりモン)』と名付けた方がいて

今では『ちりモンを探せ』なんていう観察会も多く行われています。

昨夏、鳥羽水族館でもやりましたね。

ちりモンはちりめんじゃこの製造過程で大部分が除去されるのですが

こうやって製品の段階でも見つかることがあるようです。

数日前には、小さなタツノオトシゴも入ってたようで、

辰年の新年早々縁起がいいと、スタッフが持ち帰ったとか。

さてさて、地元の漁港で水揚げされたちりめん…

ごはんの上に敷き詰めるとこうなります。

『ちりめん丼』

レストラン『花さんご』にてお召し上がりください。

ふわふわ食感の『釜揚げ』と

カリカリの『天日干し』

そしてさわやかな酸味の梅をブレンドした『梅ちりめん』

3種の磯の香りのハーモニーをご賞味頂けます。

温泉玉子も付けちゃいますよ。