エボシガイを見つけると嬉しい

2014年6月 26日(木曜日) 筆者 もりたき

へんな生きもの研究所で長く展示していたトラフカラッパの殻がだいぶ傷んできたので、新しい個体と入れ替えることにしました。

ちょうど新しく4個体が入館したので、その中の1個体を適当に選んでへんな生きもの研究所へ…

ふと見ると、トラフカラッパの殻の内側にエボシガイがいるじゃないですか!

ウスエボシ属 Octolasmisのようです(矢印)。

種類ははっきりしないので調べてみます。

何も考えずに手に取った生物におまけのようにエボシガイが付着していた…そんな些細なことでなぜ人はなぜこれほど興奮できるのでしょう(笑)。

昨日は休みでしたが、半日部屋に籠もって種類を調べていました。→アブミウスエボシのようです。

そして帰宅した妻と娘に熱く語ったのですが、冷たい視線でブロックされました…

個人的に好きだからか、へんな生きもの研究所にエボシガイが集まってきますね。

レモンイエローの体色がきれいな種類です。

蔓脚を開いて摂餌中~