オオベソオウムガイが発生中

2020年4月 1日(水曜日) 筆者 もりたき

先日、オオベソオウムガイの卵に嬉しい兆候を確認しました!

孵化水槽で管理している卵(9月6日産卵)ですが、どうやら無事に発生が進んでいるようです。卵殻越しにオウムガイの胚殻がうっすらと見えます。

2月8日の時点では何も見えていませんが…

3月30日、透けた胚殻がばっちり見えます!卵(内殻)も少し割れてきています。

孵化まで10ヶ月ほどかかるので(あと4ヶ月ほどかかるでしょうか)このまま静観したいと思います。

下の画像は以前(2013年)のオオベソオウムガイの胚ですが、今の胚もちょうどこれぐらいの状態だと思います(矢印は触手)。

この卵は、古代の海ゾーンにある卵水槽でのガラス越しに見ることができるので、皆さんもご来館の際は是非、オオベソオウムガイの発生状況も確認してみて下さい。

【飼育研究部 森滝丈也】

よく分かる三重弁講座 鳥羽水族館の場合 其の2

2020年3月 31日(火曜日) 筆者 ニッシー

こんにちは。「よく分かる三重弁講座 鳥羽水族館の場合」のお時間がやって参りました。

今まではあまり深く掘り下げられる事のなかった「三重弁」ですが、

前回の飼育日記でその一部をご紹介させて頂きました。

そこそこの反響がありましたので第二弾をやらさせていただきます!

今回はこちら!

三重弁:何かがカンピンタンになっとる!?

翻 訳:何かが干からびてる!?

さあ、誰しもまず疑問に感じたワードがあります。

カンピンタン」ってなに?なんかの呪文?

意味としては、何かが暑さで干からびている。干物やパリパリになったご飯等

干からびてしまった何かに向けられる言葉だそうです。

ちなみに写真のカンピンタンになっている何かの正体は………

ハイギョの仲間のプロトプテルス・エチオピクスでしたー!

ハイギョの仲間は水が干上がると土に潜って繭を作り、乾眠(かんみん)する特性を持っています。

写真は昔乾眠実験を行った時のものなのですが、まさにカンピンタンな状態!ということで今回紹介させてもらいました。

みなさんもウガイをしっかりして、喉をカンピンタンにしないように心がけて下さい!

【飼育研究部 ニッシー】

 

 

もう少しもう少し

2020年3月 30日(月曜日) 筆者 あおくら

みなさんこんにちは!少しずつ暖かくなってきて、春ももうすぐそこですね。でもまだちょっと寒かったりするので着る服に迷います…早く春が来て欲しい!水族館にも春を待ち遠しく思っている子が1人(1頭)…

カピバラ屋外チームのアビスくんです。寒いとヒーターのある小屋の中にこもりっきりですが、この日は少し暖かかったので外で日向ぼっこ中。奥に見える山では桜もチラホラ咲き始めていますね!

アビスは飼育員に触ってもらうのが好きなので、近づくと撫でてもらいに寄ってきてくれます!この日もひとしきり撫でていたのですが、続きの仕事があるから後でね~と離れると

まだ少し毛を逆立てて余韻に浸っています(笑)もう終わり?と言いたげな視線を感じてもっと触ってあげたくなりますが…また今度!ごめんよ!

プールにお湯を溜め始めると、ご飯中でもすぐに入浴してくるほどお風呂好きなアビス。春が来るまでもう少し、お湯に浸かって乗り切ろうね!

 

【飼育研究部 あおくら】

輪くぐり新入社員

2020年3月 30日(月曜日) 筆者 にしおか

皆さん、こんにちは。にしおかです。今年も鳥羽水族館に新入社員が入社してくる季節となりました。

実は以前より、私の日記に度々登場するモンガラカワハギのモンガラさんに、めでたく後輩が出来ました。

新入社員のハリセンボンのコンドーさんと、

コクテンフグのほくろ丸です。

まだまだ特訓中の新入社員なので、輪っかの事もしっかりと認識出来ておらず、もちろん、モンガラさんのように、上手に輪っかをくぐることが出来ません。

実は、モンガラさんが1つの輪をくぐるようになるまで、4ヶ月かかっています。笑

後輩たちは覚えるまで、どれぐらいかかるのか心配なのですが、粘り強く一緒に頑張っていきたいと思います。笑

一日も早く、皆さんの前でお披露目出来る日を夢に見て…

それでは、最後に後輩が出来て、先輩風を吹かしているモンガラさんで終わりたいと思います。笑

【飼育研究部 にしおか】

カモン・ベイビー・イセシマ☆

2020年3月 29日(日曜日) 筆者 まえだ

皆様こんにちは。まえだです。

 

さて、新型コロナウイルスの影響で皆様の中にも自宅で時間を持て余している方が多いのではないでしょうか?

そこで本日は鳥羽水族館がお送りするお家でも楽しめるコンテンツをご紹介。

それがこちら「TSA」です!

軽快なダンスを踊りたくなるようなタイトルですが鳥羽・スーパー・アクアリウムの略。

お申し込みいただいた方などに年2回お届けしている定期刊行物ですが、バックナンバーを無料で公開しています。

 

鳥羽水族館のHPトップページのメインコンテンツから「もっと鳥羽水族館」を選択。

 

開かれたページの中の「定期刊行誌」を選択すると、

 

最新号のお知らせが。そちらの下にある小さな「バックナンバーはこちら」に進んでいくと

PDFでダウンロードが可能です!

 

当時のトピックスや飼育員の裏話、外部の専門家の方に寄稿していただいた文など、充実の内容がなんと75冊分無料でご覧いただけます!

お暇なときにご利用下さい(^^)購読のお申し込みもお待ちしています。

 

1日でも早く感染の流行が収束して、館内が沢山のお客様の笑顔であふれる日が訪れることをスタッフ・生きもの一同祈っております。

【飼育研究部 まえだ】

ゆめカワな世界

2020年3月 28日(土曜日) 筆者 いとう

みなさんこんにちは、いとうです!

 

先日3月21日より、春イベント「春爛漫!!ピンクコーデな生きものたち」が始まりました!

水族館の休館に伴い、当初の予定より一週間遅れではありますが、無事にスタートすることが出来て安心しています。

(休館が長引いてこのまま出来なくなったらどうしようと、毎日ヒヤヒヤしてました…)

 

それでは、今日は特別にイベント内容をチラ見せしちゃいます!

まず目印はこちらの看板!!

 

バルーンのアーチをくぐり抜けると…

中にはピンク色の”ゆめカワ”な世界が広がっています。

 

さらに壁一面に…

展示している生きものたちのイラストが描かれています。

はぁ、可愛いですね~(心の声)

 

思わず写真を撮りたくなるポイントがたくさんありますよ~!

あ、もちろん生きもの達の展示もしてますよ!

そちらの方の紹介はまた次回に!!

 

春休みの思い出作りにぜひお越しませ。

3階企画展示室でお待ちしております!

 

【飼育研究部 いとう】

 

 

 

嗅いだら落ち着く。そんな人間に僕はなりたい。

2020年3月 26日(木曜日) 筆者 ともちゃん

皆さんこんにちは、ともちゃんです。

 

先日、バイカルアザラシの赤ちゃんの授乳のお手伝いに行きました!

白かったモフモフがグレーっぽくなり、顔の周りは黒さが際立って、成長は早いなぁと感じました!

 

いつもは見ることの出来ないモフモフに満足し、ルンルン気分でセイウチの所に戻り、クウちゃんの餌をあげようと思ったら…

「何よ、このニオイ!?知らない女ね!?!?」と、クウちゃんのニオイレーダーが反応しました!

バイカルの赤ちゃんは男の子です。笑

 

さすがはセイウチ。彼らの前ではニオイの証拠は残せません…。

 

僕が入社した時に先輩が「セイウチはニオイに敏感で、柔軟剤を変えたらすぐにバレるよ」と言ってましたが、ほんとにそんな感じです。

僕が体験したのは

・柔軟剤を変えた時

・髪の毛を切った時

・お昼ごはんに豚骨醤油のカップ麺を食べた時

まだまだあると思いますけど、記憶に新しいのはこの3つ!

 

ポウちゃんもツララもニオイを嗅ぎに来ることはありますが、クウちゃんは納得いくまで嗅ぎまくります。

それだけ彼らも僕たちのことを観察している証拠ですね(^o^)

 

セイウチたちが僕たちの変化に気付けるように、僕もセイウチたちの小さな変化を感じれるような人間になりたいものです。

 

【飼育研究部 ともちゃん】

 

 

きっかけは大事

2020年3月 26日(木曜日) 筆者 おーむら

先月、とある水族館の方が鳥羽水族館にいらっしゃって

情報交換をする機会がありました。

 

昨年生まれたミナミアフリカオットセイの「ひじき」がなかなか

離乳に向けて用意したエサを食べないことを相談させてもらいました。

今まで試したのは、様々な大きさ、形に切ったアジやサンマ、イカ、キビナゴetc.

活きた魚、氷など・・・どれも初めは興味を示して噛んだり、振り回したりしていましたが、

ひじきが飽きてしまうと放置してしまいます………

根気よく続けてみよう!!と思っていたのですが、早3ヶ月も経ってしまい

お手上げ状態でした・・・

 

そんな中その水族館の方から「うちは氷の中に細かくした魚を入れて与えてみたら食べたよ!」と教えてもらい早速試してみました。

氷に細かくしたアジを入れて少し凍らせて与えてみました!

すると・・・

なんと1つ目から食べ始めたのです!しかも大きいやつ。

いや、あなた氷あげても食べへんかったやないか~~~い(笑)

 

いろんな条件が重なって食べるきっかけになったのかも知れません!良かった…。

少しずつトレーニングもできるようになってきました。

 

もう少ししたら完全に離乳かな?!

たくさん遊んで遊ばれたいと思います!!

【飼育研究部 おーむら】

アシカの寝相

2020年3月 24日(火曜日) 筆者 いそぴー

ある日の閉館間際…..アシカたちは寝始めます。

寝相①オタリアの【あられ】【がっちゃん】コンビ

日中はどちらがプールに入るかでケンカしたりするのに、寝る時はこんなにべったり。

なんだかんだ仲良しです。

寝相②カリフォルニアアシカの【シルク】【みかん】

こちらは、いつもこんな感じです。だいたい体のどこかしらをくっつけて寝てますね。

寝相③オットセイ【ふたば】とオタリア【みぞれ】

もうこちらは、毎日ラブラブです。カメラ向けたら起きてしまいました。

お互いくっつき虫です(笑)

特に甘えん坊の、みぞれの好き好きアピールが…癒やされます。ずっと見てられます。

みんな、今日も1日お疲れさま(*^_^*)

 

【飼育研究部 いそぴー】

水族館に行きましょう。

2020年3月 23日(月曜日) 筆者 ともちゃん

皆さんこんにちは、ともちゃんです。

 

長い長いお休みをいただいて、21日から鳥羽水族館は開館しています。

館内のお客様が楽しそうにしている光景は、当たり前ではないんだなぁと実感しました。

引き続き「セイウチふれあいタイム」は中止していますが、皆さんにセイウチを知ってもらえるように、トレーニング中はいつもより大きな声を出しているともちゃんです。笑

 

セイウチたちはいつもと変わらず元気です。

最近は暖かくて、トレーニング以外の時間はお昼寝していることも多いです。

 

 

ここでいきなり、皆さんにクイズです!

4つから1つを選んでください!!

Q.この写真はツララのどんな気持ちを表していますか?

①「シェーっっ」

②「バンザイ\(^o^)/」

③「こちらのお部屋でよろしいでしょうか??」

④「L.O.V.EのL!!」

 

答えはありません。

人によって色んな見え方があるということです(*´з`)

 

毎日見てる彼らの姿でも、視点を変えると全然違うように見えます。

図鑑でセイウチを見て「怖い…」と思っても、水族館で見たら「カワイイ」と思う人もいます。

色んなセイウチ、見てもらえればいいなと思います!

近くでセイウチを感じてみませんか?

トバスイでお待ちしています!

 

【飼育研究部 ともちゃん】