スナメリのマリン出産しました☆!!!・・・のその後・・・

2013年5月 28日(火曜日) 筆者 かさまつ

みなさん、こんばんは。

少し前に書いたものですが・・・いろいろあって・・・

 

スナメリのあかちゃん、産まれましたね~。

 

少し落ち着きましたので、仔スナメリを紹介しますね。

お母さんイルカは『マリン』。

産まれた赤ちゃんイルカは、自力で泳いで呼吸します。

いきなり水中へ産み落とされるのだから、少しぎこちない泳ぎもむりはありません。

 

出産から今日で3日(書いた時ね)、お母さんイルカは仔イルカにつきっきりです。

イルカのお母さんは、出産後2、3日はほとんど休まず15分~20分おきに授乳を続けます。

ホントにタイマーがセットされているかのように、同じリズムで授乳するんです。

お母さんイルカは休みません。

なので観察している飼育係も休めません。

 

少し慣れてくると。。。

こんなアクロバティックな授乳も!

「ママぁ~、まって~」という声が聞こえてきそうです。

 

この出産、今回は特別な思いで迎えました。

マリンは水族館に来て5度目の妊娠ですが、前回と前々回は流産と早産でした。

何とか元気な赤ちゃんを産ませてやりたいと考えていた矢先、今回は妊娠中期ぐらいから人でいうところの切迫流産の危険性があるような状態になり、毎月の検査を祈るような気持ちでやってきました。

 

ここまで書いたときに、大変なことがおきました・・・

慣れない飼育日記なんかを書こうとしたためか・・・いつもと違うことをするとダメですねぇ・・・

母仔の関係にも変化が・・・

「がんばるお母さんイルカと祈る飼育係の関係」が→「がんばる飼育係と祈る?お母さんイルカ?の関係」になったのカナ?

 

↑のんきに水あそびしているのが、お母さんイルカでないことを願います。

 

あ~長くなりましたので、また続きは次回に!!!