ペリカン発、しまかぜ経由、赤ちゃん行き。

2013年3月 25日(月曜日) 筆者 R中村

最近、午後の「水の回廊」でお気に入りなのが「ペリカン」

傾き始めた太陽を、逆光に浴びて輝く姿がカッコいいのです。

 

いいアングルを探して、カメラを構えていると…

ペリカンの向こうを通過していく電車。

 

お!伊勢志摩への新しい観光特急「しまかぜ」でした。

プレミアムな設備が大人気となっているこの列車に乗って、

鳥羽水族館行きましたよって方もすでにいらっしゃるでしょうね。

 

ちなみに、水の回廊からはこんな感じで「絶景」です。

 

 

先日の運行初日には鳥羽市民も歓迎看板を掲げてお出迎え。

その中にラッコの「ふわり」もいるの、わかります?

「ぷかり」…かもしれない…(^^;

 

「鳥羽水族館」と「しまかぜ」…

なんか似合ってる感じがしませんか?

 

で、トバスイで今、大人気の列車といえば…

「赤ちゃん列車」

 

レールがないから走らないけど、

SLのようなのに、煙は出さないけど、

乗客はカワイイ動物の赤ちゃんたち。

 

私のお気に入りは、カブトガニの赤ちゃん。

比較に私の親指を。

成人男性親指の標準よりやや小さめですが。

なんかカプセルフィギュアの模型のよう…。

 

ということで、「しまかぜ」やいろんな電車に乗って

「赤ちゃん列車」見に来てくださいね~。

 

※赤ちゃん列車は4/7までの展示です。