オウムガイの深い場所

今日、オウムガイ水槽で潜水掃除をしているときに偶然、面白いものを目にしました。

そこで、潜水を終えるとカメラを持っていそいそと引き返して激写!です。

それがこれ↓ メスのオオベソオウムガイ正面アップ。注目してほしいのは矢印が指すあたり。

そこに見えるウネウネはオオベソオウムガイの精莢(せいきょう:精子が入った細長いカプセル)です。

オウムガイが精莢を持っている画像はあまり目にすることがなく、この日記でも初登場。

私も過去に1回目にしたことがあるだけ(その時は精包でしたが)のレア画像です。

 

ここで、オウムガイ類の交接方法を簡単に解説すると…

まず、オスはメスを触手で捕まえると、そのままの体勢で口の左側にある球根のような形の交接腕を使ってメスに精包を手渡します。精包は1㎝ほどの球形で、30㎝近くある長い精莢が1本だけ入っています。

画像↓はその精包から精莢を引き出したところ。

さて、ここからいよいよマル秘ゾーンへ突入です。

なかなか見ることができない画像ばかりですよ(本当)。

 

実は、生きた個体ではなかなか目にすることができませんが、オウムガイ類のメスは産卵用の腕を持っています。

腕は口の下側にあり、かたちは先が二股に分かれたヘラ状。

先端に12本ずつ短い腕が生えています。

卵殻は最初のうちは軟らかいので、この腕でこねくり回すようにして岩などに産み付けます。

“産卵腕” ↓

この腕の付け根(下側)にポケット状の空所があります。

ここにオスから受け取った精包が収まります。

しばらくするとこの空所の中で精包は溶けて精莢がむき出しになるそうです。

 

それが今日見かけた、いちばん最初に紹介した画像。

もう一度アップでどうぞ。これは、なかなか見ることはできない(はず)。

 

この後、精莢(精子)がどのようにメスの体に取り込まれて卵と受精するのか、よくわかっていないようですが…

オウムガイの腕の中に隠された、興味深いディープゾーンです。