お先に夏休みをいただきます。

2018年7月 13日(金曜日) 筆者 ニッシー

お久しぶりでございます。

もうすぐ「夏休み」が近づいてきましたねぇ~。

きっと世間の子どもたちは日々近づいてくる夏休みのイベントにワクワクしているのでしょう。

そんな中、もうすでに夏休み中の生きものがいます、、、

 

それは、こちらのアフリカハイギョです。

名前の通り、エラではなく肺で呼吸をする変わった生態の魚です。

・・・どの辺が夏休みに入ったのか?この写真では分かりにくいですよね。

実はこの写真は今年の4月に撮影された写真なんです。

最近の写真だと・・・(2018年6月30日に撮影)

思わず…え!?ってなってしまう様な写真ですが、

安心して下さい!生きてますよ。

アフリカハイギョは現在「乾眠」または「夏眠」という状態に入っています。

 

彼らの生息する地域では雨が全く降らず、川の水が干上がってしまう「乾季」という時期があります。

そんな時にハイギョは泥の中に潜り、粘液を出して、周りの泥で繭を作り、次の「雨期」がくるまで休眠します。

乾眠状態で長い時は7ヵ月~8ヶ月にも及ぶと言われています。

 

今回はアフリカハイギョの特殊な生態を再現してみました。

 

夏休み中(乾眠状態)のアフリカハイギョですが、7月14日から開催されるイベント

「これウソ・ホント!?もっとへんな生きもの夏スペシャル」

にて展示しますので、ハイギョが気になった方、夏休みの予定がまだ決まってない方は是非お越しになってください!

【飼育研究部 ニッシー】