ミズダコ メス同士の戦い

2018年7月 11日(水曜日) 筆者 もりたき

ミズダコは気性が荒く、複数で飼育すると争うことがよくあります。複数飼育する場合、当館ではほぼ同じサイズのオスとメスを同居させますが、この組み合わせだと上手くいくようです(オス同士だと相手がボロボロになるまでケンカをします)

さて。

先日お伝えしたように、抱卵中の母ダコだけとなったミズダコ水槽には、中サイズの若いメス個体を導入したわけですが(オスがいなかったので)

どうも母タコは急に現れた若いメスの存在が気になるらしく、卵から離れて若いメスに威嚇を繰り返していました。

相手をボロボロにするほどのケンカではないようですが、これでは卵のケアもままならない…

これは困った。

しかも、母ダコに追い回された若いメスは、置き去りになった卵(岩に産み付けています)に覆いかぶさり、この卵を食べているではないですか!(おそらく、パニックになって偶発的に口にしたのでしょうが)

このままだと全て食べられてしまうかも…(もしくは母タコが抱卵を放棄)

対応に少し迷いましたが、結局、彼女たちの平和的解決に期待して静観することにしました。

そして、ドキドキしながら迎えた翌日…。

見ると、諍いはすっかり解消していました!

どうやらお互いに自分のテリトリーを把握できたようです。

卵も大多数が無事でした。

今、母ダコは、それまで以上に熱心に卵の世話をしているように見えます。

一安心です。

【飼育研究部 森滝丈也】