またまた謎の黄色い球を採集しました

2018年6月 25日(月曜日) 筆者 もりたき

昨日は毎月恒例の沖合底引き網採集でした。

いつもお世話になっている甚昇丸さんに乗船させていただき、朝の3時に出港して夕方5時まで熊野灘の水深300mあたりの生物を採集してきました。

色々と興味深いものが採集できましたが、あの「謎の黄色い球」も採集できましたよ。

謎の黄色い球とは、以前、飼育日記でも紹介したことがある正体不明の卵?のこと。

これで採集は3年連続となります。

初年度はただの黄色い球だったのですが(途中で腐乱…)

去年採集した黄色い球をしばらく観察して、時間と共に中身だけ分裂?することがわかりました。

かなり衝撃的な変化!こんな変化をする卵は思いつかない…。

で、今回採集したものは、過去最大サイズ(約2cm)かなり発生?が進んでいます。

もしかしたら、孵化して正体が判明するかも。三度目の正直となるか?ですね。期待しています(笑)

どうやら巻貝の卵のようですね。

【飼育研究部 森滝丈也】