パパラッチ!小さな恋の行方は、、、

2018年5月 18日(金曜日) 筆者 いま

今から3週間くらい前のこと。

閉館後に館内の掃除をしていると、アシカチームのおーむら先輩から一本の電話が。

 

「いま君。円柱水槽で、◯◯してるで。」

 

僕は掃除道具を投げ捨て、カメラを持ち、

ガンダ(ガンダッシュ)でザリガニの円柱水槽へ向かいました。

 

鳥羽水族館のザリガニコーナーには1つ、円柱の水槽があります。

そこでは、オーストラリア原産の「マロン」というザリガニを飼育しています。

当時は「ブルーマロン」5尾を飼育してました。

※マロンは稀にブルー個体が現れる(ノーマルはブラウン?ブラック?の褐色系)

 

気付けば、ガンダで水槽にたどり着いた僕は、息つく暇もなく、カメラを水槽に向けていました。

その時の写真がこちら↓

 

 

 

◯◯とは、、、交接です!!(^o^)

恥ずかしながら今までブルーマロンの交接を見たことがなくて。苦笑

興奮しながら夢中で写真を撮り、2尾が満足するまでの30分間、眺めてしまいました。笑

 

恋の季節はセイウチだけではなく、いろんなところに訪れているみたいです。

鳥羽水族館でブルーマロンの稚ザリを見られる日がくるのか。

ワクワクドキドキしながら、大事に見守っていこうと思います。

 

 

飼育研究部 【いま】