透けてます。

みなさん、サメの卵はご存知でしょうか?

こちらはナヌカザメというサメの卵です。

光を当てて透かすと、サメの胎児とつながっている外卵黄のうと呼ばれる袋が金貨のように見えることから、「人魚の財布」と呼ばれています。

端についている糸状のものを海藻などに絡ませて、卵を固定しているのですが、その糸が紐に見えて、形もなんとなく巾着袋のようにも見えますよね!

そんな人魚の財布ですが、鳥羽水族館ではスケスケにしてしまってます。

人魚さんのプライバシーが・・・笑

 

はい、ということで胎児の成長具合が見やすくて、日々大きくなっていくのがわかります。特に左側、発生から日が浅いほうの大きくなるスピードがとても早い感じがします。

大体1年で産まれるといわれているので、これからの成長が楽しみです。

ちなみに、右側は卵黄がほとんど残ってなくてもうすぐ産まれそうです。

たまたま産まれるタイミングで出会えるラッキーな方がいらっしゃるかもしれませんね!!

【飼育研究部 やまおか】