ペリカンたちのお食事タイム。

2018年5月 13日(日曜日) 筆者 しんたに

暑さと日焼けの気になる季節になってまいりました。

この前ペリカンの紹介が飼育日記であったのでそれに便乗して・・・

今日はペリカンの食事風景をのぞいてみましょう。(飼育員目線)

ペリカンたちのお食事タイムは一日に一回。だいたい15時くらいにあげていることが多いです。

ペリカンたちは時間になるとそわそわしだします。そしてバケツをもって近づくと一斉にかけよってきます。

鳥羽水族館には3種類のペリカン、4羽が生活していますがそれぞれ個性が有り、餌のときもおもしろいんです。

コシグロペリカンのクロちゃん。全身で喜びを表現しいち早く餌をもらおうとアピールします。後ろに控えるモモイロペリカンのズーちゃんは大人しそうに見えますが、ずっとぐわっぐわっと鳴いています。ズーちゃんは常にクロちゃんに押され気味です。

さておとなりにいるコシベニペリカン2羽。

あらこわい。コシベニペリカンたちは大変気が強いのでいつもヒヤヒヤしています。このくちばし。少しでもあたるとけっこうなキズになってしまうんです。。

さて、この子たちにどうやって無事にえさをあげているのか、また次回ご紹介します。おたのしみに!!

【飼育研究部 しんたに】