ペリカンの名前

 

鳥羽水族館では、モイロペリカン1羽、コシグロペリカン1羽、コシベニペリカン2羽を飼育しています。

繁殖期になると体の色がうっすらピンク色になるのが「モモイロペリカン」

腰のあたりの羽根が黒いのが「コシグロペリカン」

翼を広げると腰のあたりが紅色をしているのが「コシベニペリカン」

そのまんまです・・。

 

そして、この3種類のペリカンたちもそれぞれの名前が付いています。

 

右側がモモイロペリカンの「ズー」

鳥羽水族館に来る前は他の動物園にいたので英語の「Zoo」から付きました。

 

左側はコシグロペリカンの「クロ」

入館当日に黒い足輪をつけたのでこの名前になりました。

 

 

では、こちらのコシベニペリカンたち。

手前が「ベニブラック」、後ろが「ベニホワイト」

 

さて、皆さんお気づきになってきましたか?

そうなんです。ベニブラックは黒い足輪をつけていますね! ベニホワイトは白い・・・・・。

 

実は、この子たちも入館当日に色の付いた足輪を付けました。

そして、担当者の中でどんな名前にしようかとっても悩んでいたのです。

とりあえず「ベニ」を付け足輪の色で呼んでいたのですが、いつの間にか月日が過ぎ、

これが定着してしまい、そのまんまになったと言うわけなんです。

 

みなさんも私たち飼育員と同じようにペリカンたちの名前がわかるようになりましたよね。

ぜひ会いに来てあげて下さい!

 

 

【飼育研究部 オカピ】