タコ胚の成長

2018年1月 19日(金曜日) 筆者 もりたき

去年の11月に熊野灘水深150mで採集された正体不明のタコの卵ですが、母タコが力尽きたあとも胚の発生は進んでいます。

どの程度成長したか確認してみました。

前回、前々回よりも卵黄がかなり吸収されているのがわかります。

腹面から撮影

背面から撮影

そろそろ孵化が近いかも…

卵径(長径)2.3mmほど。現在 水温8-9℃で管理しています。

【飼育研究部 森滝丈也】