赤ちゃんの成長

2018年1月 18日(木曜日) 筆者 なかだ

遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます!!今年の抱負は、まだ考え中のなかだです。

 

昨年に紹介した人工哺育で育ったスナメリの赤ちゃんですが、嬉しいことに、皆様も見ることができる水槽(メインプール)に移動するトレーニングを始めています!!2017年5月に誕生し、人工哺育を経て、やっとここまできました!!

 

今は、ボールにタッチしたら餌がもらえる、というトレーニングを行っています。これが出来るようになると、メインプールと赤ちゃんがいるプール(予備プール)の間の柵を外した時に、ボールで少しずつメインに誘導出来る、ということになります。

 

上から見るとこんな感じ。なんとも可愛らしい背中です。

 

スナメリは警戒心が強く、神経質な性格のためトレーニングが難しいイルカですが、この子は人工哺育のためか、あまり人を怖がらず、ボールをタッチすれば餌がもらえることをすぐに理解し、とても上手にタッチしてくれます。

 

早くメインに出たいのか?よく柵の前で、ジーッと見ています。メインにいる「ユウキ」と見つめ合ったりもしています。

ユウキ「こっちへおいでよ」 子ども「早くいきたいよ~」 と会話しているのかな~?と想像しながらの撮影。

 

この子がメインプールに出た際には、ぜひ会いに来てくださいね!!

 

飼育研究部 なかだ