オオグソクムシの色が白くなってきた

2017年12月 31日(日曜日) 筆者 もりたき

へんな生きもの研究所で飼育中のオオグソクムシの体の前半(第4胸節から前)が白く変色し始めました。

これは…脱皮の兆候かもしれません。この個体はすでに1年3ヶ月ほど飼育していますが、こんな体色変化は初めてのことです。

脱皮の兆候だと判断したのは理由があります。

皆さんは当館で飼育中のダイオウグソクムシ№5と№13が2016年の2月と9月に脱皮したことを覚えているでしょうか?

ダイオウグソクムシは、まず体の後半部を脱いで、しばらくしてから前半部を脱ぐ「二相性脱皮」をおこないますが、当時(今でも)ダイオウグソクムシの脱皮は日本初記録(世界でも2例目)で、わからない事ばかりでした。

そんな中、前半部の殻が白く変化する不思議な現象が観察されたのです。

ダイオウグソクムシ№5はこんな感じでした。

この後、2月12日に脱皮。

№13の体色変化はこんな感じ。徐々に白くなって、この後、9月14日に後半部が脱皮。

それじゃ、近縁なオオグソクムシでも脱皮が近づくと同じように体の前半部が白く変色するのだろうか?ずっと疑問でしたが、確かな情報が見当たらないまま2年近くが経過…

それが、ここにきて、ついに飼育中のオオグソクムシ1匹に同じような変化が現れたのです!

オオグソクムシでも同じように、脱皮の前に体色変化が起こるのか?

もうすぐ判明します。

期待!

【飼育研究部 森滝丈也】